大阪プレゼントガイド Archives | 大阪手作り指輪プレゼントガイド

HOME » 大阪プレゼントガイド

大阪プレゼントガイド

サプライズで贈りたいプレゼント

工夫次第でサプライズ

「プレゼントはサプライズで」と、考えている方も多いでしょう。サプライズが成功すれば素敵な思い出になり、相手も喜んでくれるかもしれません。しかしプレゼントをするのが指輪なら、話は別です。
サプライズで指輪をプレゼントするのは、ものすごく難しいこと。万が一にもサイズ感が違う指輪を選んでしまったら、大惨事です。そこでおすすめしたいのが、一緒に指輪を選ぶことです。サプライズ感は薄まると思われるでしょうが、工夫次第でちょっとしたサプライズになります。
≫ 『サプライズで贈りたいプレゼント』

最高級の結婚指輪を贈るにはどうすればいい?

最高級の結婚指輪をプレゼントしたい

国内でも特に多くのお店が集まっている大阪でなら見つかる指輪の種類も増え、最高級の指輪も手に入りやすくなります。
大切なパートナーへ最高の指輪を贈りたいときに知りたい、結婚指輪の相場や高級な指輪を作るポイントを紹介しましょう。
≫ 『最高級の結婚指輪を贈るにはどうすればいい?』

成功率アップ!手作り指輪プレゼント大作戦

手作り指輪のプレゼントは恋愛小説の世界

大好きな人にあげる手作り指輪のプレゼントは、一遍の恋愛小説よりもときめくものです。しかし少しでもプレゼントのやり方を間違えてしまうと、待ち受けている小説のラストは悲劇になります。
手作り指輪は素敵なプレゼントですが、難易度は最高クラス。手作り指輪をプレゼントする際に、抑えておきたいことについてご紹介します。
≫ 『成功率アップ!手作り指輪プレゼント大作戦』

大切なあの人に贈りたい手作りの指輪

手作り指輪のプレゼントはかなり難しい

大切な人には、思い切って手作りの指輪をプレゼントしてあげたいものです。もし贈れば、相手も喜んでくれることでしょう。しかし手作りの指輪をプレゼントは、諸刃の刃です。成功すれば大きいですが、失敗すると大惨事です。
人によっては「手作り」を「重い」と、感じる人も少なくありません。しかも指輪をプレゼントするのならば、それなりの覚悟が必要です。覚悟もなくプレゼントを贈ってしまうと、贈られたプレゼントはフリマアプリ行になるでしょう。
≫ 『大切なあの人に贈りたい手作りの指輪』

大切なあの人に贈りたい指輪

大切な日だからこそ

イベントは毎日訪れるものではありません。だからこそ何かプレゼントを贈って、特別な日にしたいものです。そこでおすすめしたいプレゼントが、手作りの指輪です。指輪であれば、相手も喜んでくれるでしょう。
しかし指輪のプレゼントは、かなりの難易度。どうすれば喜んでくれるかについて、ガイドしてみました。
≫ 『大切なあの人に贈りたい指輪』

指輪をプレゼントとして贈る方法

指輪のプレゼント

大好きな人から指輪をプレゼントされるのは、誰しもが憧れを抱くシチュエーションです。成功すれば、絆はより一層深まるでしょう。恋人同士ならば、ゴールインも夢ではありません。しかし指輪のプレゼントほど、難しいものはないです。
万が一失敗してしまったら、取り返しはつきません。せっかく築いた絆も、あっという間に崩れ去るでしょう。では指輪をプレゼントするには、どうすれば良いのか探ってみました。
≫ 『指輪をプレゼントとして贈る方法』

大好きな人に贈りたいプレゼント

プレゼントを贈りたい人がいる

「大好きなあの人にプレゼントを贈りたい」「贈るならどこの店にも売っていない特別なものが良い」というのなら、手作りの指輪やペンダントはいかがでしょうか。
もし相手が女性ならば、指輪やペンダントのプレゼント。しかも手作りとなると、喜びもひとしおです。しかしアクセサリー類のプレゼントは、数あるプレゼントの中でも最高難易度を誇ります。「手作りなんて重い」なんて、言い出す人がいるのも事実。手作りだからこそ、外すことは絶対に許されません。
≫ 『大好きな人に贈りたいプレゼント』

成功率があがる指輪のプレゼント方法

指輪のプレゼントは難しい

相手に何かプレゼントを贈るのは、想像以上の難易度です。これが指輪となると、難易度は倍以上に膨れ上がるでしょう。
では指輪をプレゼントする際に、何に気をつければいいのでしょうか。失敗しない、指輪のプレゼント方法についてご紹介します。
≫ 『成功率があがる指輪のプレゼント方法』

右指にはめる結婚指輪の意味

なぜ、結婚指輪をはめる指は左手の薬指なのか

結婚指輪には様々な言い伝えや歴史があります。
例えば、結婚指輪は左手の薬指にするということにも歴史があり今に至ります。

これは、古代ギリシャや古代エジプトからきており、それぞれ「左手の薬指は、人間の感情を司る心臓とつながっており、お互いの心を繋いでいる」、「左手の薬指に流れる静脈は愛の血管であり心臓と繋がっている」というような言い伝えがありました。
つまり、通じ合っている心を指輪で繋ぎとめることによって永遠の愛を誓いあうことができるという意味になります。

このような意味が現代にも浸透しており、結婚指輪は左手の薬指にはめるという風習が存在しているということになるのでしょう。

≫ 『右指にはめる結婚指輪の意味』

結婚指輪をリーズナブルに購入するには?

リーズナブルでもクオリティを下げない

結婚指輪の平均購入価格は約24万円といわれていますが、中には「できるだけ安く済ませたい」という人も多いでしょう。

結婚指輪をリーズナブルな価格で済ませるメリットには、「ほかのことに予算を回せる」「つけるか分からないのでもったいない買い物をせずに済む」などがあります。

しかし、結婚指輪は一生ものです。
できるだけクオリティを下げずに、リーズナブルな価格で購入するのが一番でしょう。

安く購入してすぐ歪んでしまい、「安かったから仕方ない」ということになるのは避けたいものですよね。

≫ 『結婚指輪をリーズナブルに購入するには?』