大阪プレゼントガイド Archives | 大阪手作り指輪プレゼントガイド

HOME » 大阪プレゼントガイド

大阪プレゼントガイド

サイズ3号の結婚指輪

指がかなり細いパートナーへのプレゼントリング

大切なパートナーへ結婚指輪をプレゼントするときに大事なのがサイズです。

かなり指が細いパートナーだと、3号というかなり小さいサイズになることもあるでしょう。

もちろんこれに合う指輪も大阪で作れますが、いい指輪をうまく作るために少しコツを押さえておくのもおすすめです。

3号の結婚指輪は少し見つかりにくい?

指輪のサイズで3号というのはかなり小さい方です。

男性の平均は15号前後、女性の平均は9号前後となり、一般的に指が細い方の多い女性の平均よりもかなり小さいのです。

もちろんそれが悪いわけではありません。

指の大きさは個人差がかなり大きく、平均から外れるサイズの方もよくおられます。

ただ、平均から離れるほどお店では見つかりにくいサイズになりますから、そのつもりで探すのがおすすめなのです。

≫ 『サイズ3号の結婚指輪』

口コミでも評判のヴァンドーム青山の結婚指輪

人気のブランドをチェック

大阪でプレゼント用の結婚指輪を探しているとき、いくつか主要なお店の評判が気になりますよね。

たとえばヴァンドーム青山です。

日本国内の人気ブランドで、大阪にいくつもお店を持っている大手でもあります。

こちらは口コミでも評判のお店です。

どんなところが評判なのか、ご紹介していきましょう。

≫ 『口コミでも評判のヴァンドーム青山の結婚指輪』

ローンで結婚指輪を買うときには審査に注意

ローンでの結婚指輪の購入

大阪にはたくさんのショップがあり、素敵な指輪がたくさん見つかります。

大切なパートナーにプレゼントしたい、しかし肝心のお金がないといったときに便利なのがローンです。

必要なお金を立て替えてもらえるおかげで、プレゼントしたい指輪を欲しいときに購入できます。

ただし、この方法は審査に通らないと使えない方法です。

借り入れに慣れていないと見落としがちなポイントですから、よく確認しておくといいでしょう。

お金を返せるかどうかを確認される

ローンは誰でも利用できるものではなく、お金を返せるかどうかが確認され、合格とされた方だけが利用できるのです。

この手続きを審査といいます。

ローンの申請には職業や年収などの申告が必要になりますが、これらの情報をもとに審査がされているのです。

≫ 『ローンで結婚指輪を買うときには審査に注意』

純金の結婚指輪

高級な結婚指輪をプレゼントしたい

結婚指輪をとにかく特別なものにしたいなら、高級感にこだわるのが1つの方法です。

純金の指輪ならまさに高級な特別品になりそうですよね。

このような指輪も大阪でなら見つかる可能性があります。

しかしすぐ見つかるものではありませんから、注意してしっかり探すことをおすすめします。

純金の結婚指輪は少ない?

結婚指輪によく使われているゴールドとは金のことですから、これが純金の指輪になるのかというと、実はそうではありません。

それらのほとんどは合金となり、金の純度は75%のものが多いです。

つまり純金ではないのですね。

これはなぜかというと、純金は強度が弱く、そのままではアクセサリーの素材に使いづらいのです。

そのため純度を下げた合金にし、強度を高めたものがよく使われています。

純金はあまり使われていませんから十分に注意してください。

≫ 『純金の結婚指輪』

大阪で手作り指輪をプレゼントしたい

大阪で手作りの指輪を手にすることは出来るのか?

相手に指輪のプレゼントをと、考えている方は多いでしょう。

奮発してブランド物の指輪を贈りたいところですが、どうせなら心のこもった手作りを送ってみてはいかがでしょうか。

しかし東京なら手作りできる所はあるでしょうが、大阪で探すとなると難儀な話になります。

街中を歩いてもあまり見かけないので、不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。

大阪で指輪が手作りできる場所

大阪には指輪が手作りできる所は、いっぱいあります。

場所は繁華街であるキタやミナミに集中していますが、郊外にも何軒かはある筈です。

仮に指輪が手作りできる工房を見つけたとしても、問題は不器用でも指輪を作れるかどうかでしょう。

サポートがしっかりしている工房であれば、不器用でも問題ありません。

寧ろ「自分は不器用で指輪作りは向いていない」と考えている人ほど、指輪作りにのめり込むものです。

≫ 『大阪で手作り指輪をプレゼントしたい』

結婚指輪は左手用でなくてもいい?

結婚指輪をつける手はどっち?

結婚指輪は基本的に左手につけるものとされますが、右手用で作っても問題はありません。

完成した指輪の使い方は自由で、使用する方が気にならなければ左手の薬指以外で使ってもOKなのです。

特にプレゼント用に作る場合、相手の好みや事情に応じて柔軟に対応するといいでしょう。

右手に結婚指輪をつける文化もある

右手用で作った方がいい例として、たとえば一部の国の方と結婚する場合があります。

スペイン、ドイツ、オーストリア、ロシアなどの国々では、結婚指輪は右手にするのが一般的です。

この指輪の文化はヨーロッパから伝わったといわれており、それらの国々では現在の日本と同じように左手の薬指にするものと思いがちですが、実はそうとは限らないのですね。

結婚指輪の使い方が違う地域の相手と国際結婚する場合など、パートナーにプレゼントする指輪を作るなら右手用で作った方がいい場合もあります。

≫ 『結婚指輪は左手用でなくてもいい?』

指輪職人のサポートを受けて、プロ級の作品に仕上げる

好きな人に贈りたい指輪がある

「好きな人に手作りの指輪をプレゼントしたい」と心に思っていても、現実には難しいものです。

指輪のプレゼントは確かに素敵なことですが、状況によっては相手に「重い」と感じさせてしまうかもしれません。

そもそも指輪を手作りすること自体、今まで経験したことがない人という人も多いでしょう。

では、どうやって手作り指輪を相手にプレゼントすれば良いのでしょうか。

ポイントは、相手との関係性と気持ちです。

片思いの相手に贈るのはNG

もし相手との関係性が片思いなら、指輪のプレゼントは一旦保留にしておきましょう。

ある日突然、ただの友達と思っていた人から指輪をプレゼントされても、困るだけです。

しかも「手作り」となると、どうして良いのかわかりません。

プレゼントをした数時間後に、フリマアプリで出品されるのがオチです。

指輪をプレゼントするのなら、両思いになってからにしましょう。

両思いならば、手作り指輪のプレゼントは喜んでくれるはずです。

プレゼントのご褒美に、思いも寄らないサプライズを受け取ることになるかもしれません。

≫ 『指輪職人のサポートを受けて、プロ級の作品に仕上げる』

結婚指輪にお金はどれくらい必要?

結婚指輪に必要なお金

結婚指輪は大切なパートナーに贈る素敵なプレゼントになる一方で、ある程度のお金は必要になりがちです。

だからこそ素敵な贈り物になるともいえますが、どれくらいのお金が必要かは事前に知っておきたいですよね。

大阪ではリーズナブルなものから高級品までたくさんのものがあり、予算に応じて指輪を選べます。

一般的な相場やそれぞれの目安金額などご紹介しましょう。

≫ 『結婚指輪にお金はどれくらい必要?』

結婚指輪購入口コミ「たとえ60歳になろうとも似合いそう」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

10

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

両方ともかく20万

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

ミキモトブランドの指輪を購入しました。

理由は夫の知り合いがミキモトに縁があるからです。

加えて妻の私もミキモトの真珠が大好きでしたから即決しました。

デザイン面は、既存商品の中から選びましたが、つけ心地に限ってはお店でお試ししてから決めています。

外国製のブランドについては頭にありませんでした。

値段の面でも国内ブランドの方がお安くさらに、メンテナンスの必要時でもメイドインジャパンである方が良いと思うからです。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「たとえ60歳になろうとも似合いそう」』