結婚指輪は左手用でなくてもいい? | 大阪手作り指輪プレゼントガイド

HOME » 大阪プレゼントガイド » 結婚指輪は左手用でなくてもいい?

結婚指輪は左手用でなくてもいい?

結婚指輪をつける手はどっち?

結婚指輪は基本的に左手につけるものとされますが、右手用で作っても問題はありません。

完成した指輪の使い方は自由で、使用する方が気にならなければ左手の薬指以外で使ってもOKなのです。

特にプレゼント用に作る場合、相手の好みや事情に応じて柔軟に対応するといいでしょう。

右手に結婚指輪をつける文化もある

右手用で作った方がいい例として、たとえば一部の国の方と結婚する場合があります。

スペイン、ドイツ、オーストリア、ロシアなどの国々では、結婚指輪は右手にするのが一般的です。

この指輪の文化はヨーロッパから伝わったといわれており、それらの国々では現在の日本と同じように左手の薬指にするものと思いがちですが、実はそうとは限らないのですね。

結婚指輪の使い方が違う地域の相手と国際結婚する場合など、パートナーにプレゼントする指輪を作るなら右手用で作った方がいい場合もあります。

パートナーの考えに応じて柔軟に

そのような文化の違いなどがなくても、単純に相手が右手にしか指輪をしないなどの考えがある場合、やはりそれを尊重して右手用で作るのもおすすめです。

日本国内で使用するときでも結婚指輪は左手でないといけないわけではありません。

使い方をアレンジしている例として、たとえば最近では結婚指輪をネックレスにして使う方もおられます。

仕事中の指輪がNGになる方や、サイズが合わなくなった結婚指輪をそのまま使いたい方、単純にこの使い方が好みの方など、理由はさまざまです。

結婚指輪をどう使うかは個人の自由ですから、プレゼントするパートナーが右手に指輪をしたいようなら、右手用で作るのもおすすめです。

右手のサイズで指輪を作ろう

右手用で結婚指輪を作ると決めたら、必ず右手のサイズで指輪を作ってください。

同じ薬指でも左右で微妙にサイズが違うことがあります。

つけ心地が悪いと使いづらくなりますから、プレゼントする相手の右手の指のサイズをしっかりと測って結婚指輪を作るのがおすすめです。