結婚指輪に使われる石 | 大阪手作り指輪プレゼントガイド

HOME » 大阪プレゼントガイド » 結婚指輪に使われる石

結婚指輪に使われる石

結婚指輪に石を入れる?

結婚指輪を選ぶときにはどんな素材を使うか、そして石をどうするか考えると思いますが、もっともスタンダードな指輪と言えばプラチナベースにダイヤモンドを入れたものでしょう。
ブライダルリングを扱っているブランドはほぼすべてがダイヤモンドリングを扱っていますし、その中でもプラチナを使った指輪はバリエーションがもっとも豊富です。
ダイヤモンドリングはブライダルリングの象徴と言ってもいいくらいですし、まず結婚指輪を選ぶならダイヤモンドリングを検討するというカップルがほとんどでしょう。
しかし必ずプラチナにダイヤモンドの指輪を結婚指輪にしなければならないという決まりはありませんから、好みに応じて変えることは特に問題ありません。

石で個性を出したい場合

結婚指輪はふたりにとって特別なアイテムになりますし、できるだけ個性を出したいと考えている人も多く、そこで一工夫加えるとすれば石を変えることが思い浮かびます。
たとえば同じダイヤモンドでもブラックダイヤモンドをチョイスすることによって石を目立たせられますから指元の存在感も増しますし、ダイヤモンド以外でもルビーやサファイアなどを入れるケースもあります。
ダイヤモンドがスタンダードではあるものの、ほかの石は人気がないというわけではなく、ルビーやサファイアを使った結婚指輪も長く愛されていますので人と少し違った結婚指輪にしたいのであれば選択肢に入れてもいいでしょう。

素材はプラチナがおすすめ

一方ベースとなる素材ですが、これはプラチナをチョイスするのがもっともおすすめで、ゴールドやシルバーを選ぶのはよっぽどの理由がない限りあまりないケースです。
まず選択肢がプラチナリングは豊富ですし、ゴールドはプラチナにくらべて固いので加工がしにくくサイズ直しもしにくいです。
またシルバーはプラチナよりもコストダウンできますが、さびなどに弱く劣化しやすいので長期間身に付ける指輪には向いていません。