手作り指輪をプレゼントする方法 | 大阪手作り指輪プレゼントガイド

HOME » 大阪プレゼントガイド » 手作り指輪をプレゼントする方法

手作り指輪をプレゼントする方法

大切な人に贈りたい手作り指輪

大切なあの人に、手作り指輪をプレゼントしたいと考えている人は多いでしょう。手作り指輪のプレゼントはとても素敵で、映画のようにロマンチック。しかし現実は、映画とは違います。
少しでも贈る指輪を間違ってしまうと、大修羅場。大修羅場を回避するためにも、手作り指輪のプレゼント方法についてご紹介します。

贈る相手を考える

まず相手です。もし贈る相手が恋人で結婚を前提としたお付き合いをしているのなら、手作り指輪を贈るのはありです。しかし片思いで、相手に振り向いてほしいという目的で贈るのは絶対NG。指輪ではなく、別のプレゼントをおすすめします。
相手にとっての指輪のプレゼントには、大きな意味があるからです。指輪の形は輪っかになっており、途切れることはありません。途切れがないことから「一緒にいよう」という、メッセージにもなります。結婚前提としたお付き合いをしている相手ならば、涙を流すレベルに喜んでくれるでしょう。しかし片思いの相手となったら、単に「重い」と受け取られてしまいます。片思いの相手に贈るのなら、アクセサリーではなく日用品を贈るのが無難かもしれません。

サイズに注意

指輪プレゼントで気をつけたいのが、サイズです。結婚前提に付き合っている相手に指輪を贈っても、サイズが違っていたら最悪です。そこでおすすめしたいのが、手作り体験学習です。
ジュエリースクールでは「体験」として、指輪が手作りできるところがあります。値段はピンキリですが、5000円あれば十分でしょう。相手にそれとなく「手作り指輪体験スクール」に誘い込めば、しめたもの。スクールで指輪を作ることになるので、相手の指輪サイズを知ることができます。2人で作った指輪は、ちょっとした思い出にもなるでしょう。また相手の指輪のサイズが別れば、婚約指輪を贈る時に役立つはずです。

プレゼントとして贈る手作り指輪が結婚指輪となったら、話は別です。どこで買うにしても、必ず2人で選ぶようにして下さい。
サプライズで贈るのも手ですが、相当のテクニックが求められます。