大切なあの人に贈りたい指輪 | 大阪手作り指輪プレゼントガイド

HOME » 大阪プレゼントガイド » 大切なあの人に贈りたい指輪

大切なあの人に贈りたい指輪

大切な日だからこそ

イベントは毎日訪れるものではありません。だからこそ何かプレゼントを贈って、特別な日にしたいものです。そこでおすすめしたいプレゼントが、手作りの指輪です。指輪であれば、相手も喜んでくれるでしょう。
しかし指輪のプレゼントは、かなりの難易度。どうすれば喜んでくれるかについて、ガイドしてみました。

指輪をプレゼントする意味は?

まず考えたいのが、指輪をプレゼントする意味です。指輪をプレゼントする際に隠された心理は、愛情です。わかりやすい例が、結婚指輪でしょう。諸説はありますが、結婚指輪は古代ローマ時代から始まったとされています。当時はよくあるプラチナの指輪ではなく、鉄の指輪が使われたそうです。
鉄の指輪のルーツは、ギリシヤ神話。神様は自分勝手な行動を起こす者を制するために、鎖を指輪代わりとして身に付けさせたそうです。当初は「忠誠の誓い」として用いられましたが、現在は「永遠の愛の誓い」を示すようになりました。

強い愛情の証だからこそ

指輪をプレゼントするということは、相手に強い好意の印です。もっと簡単に言えば、愛情です。指輪のプレゼントがきっかけで、良いお付き合いをしたいと考えていないでしょうか。「そんなことは思っていない」と、いう答えもあるでしょう。では会社の同性の上司にお世話になっているからと、指輪を贈りますか?贈るとしたら、指輪とは別のものを選ぶはずです。
強い好意を持っている相手に指輪を贈るのなら、思い切って手作りのものを贈りましょう。手作りであれば気持ちも込められるので、素敵なプレゼントになります。

後で買い換えるのも可

なおプレゼントとして貰った指輪は、後で買い替えても構いません。「せっかく手作りしたのに!」と思われるでしょうが、手作りしたからこその判断です。愛情の籠もった手作りは、大切に扱えば何十年と使うことができるでしょう。
でも何十年単位と使っていると、いつかは必ずボロは出てきます。せっかくの指輪にボロが出てしまっては、どうしようもありません。思い出は積み重ねるもの。積み重ねるためにも、指輪の買い替えは欠かせないのです。